Toshiyuki Kawanishi Blog


2008
2 . 4

PythonコミュニティMLに思う

最近Pythonの日本コミュニティのメーリングリストの投稿を読んで考えさせられました。

きっかけはこちら。
http://www.python.jp/pipermail/python-ml-jp/2008-January/004215.html
「日本ではPythonはもう伸びない」という記事をご紹介してくださっているご投稿でした。

私が感銘をうけたのはこの後の、お二人のご投稿。

Pythonに関わるすべての人が「日本のPythonコミュニティの一部」であるというご投稿。
http://www.python.jp/pipermail/python-ml-jp/2008-January/004216.html

さらに、日本語マニュアルの翻訳の現状をご説明してくださっているご投稿。
http://www.python.jp/pipermail/python-ml-jp/2008-January/004220.html


ん〜。やっぱり、当たり前のように使ってばっかりいるようではダメかもしれないなと思いました。
Pythonに限らず、この手の言語は先人の方々の努力があって今があるのですからね。

そこで、Pythonのドキュメントの日本語化を少しお手伝いすることにしました。
http://sourceforge.jp/projects/pythonjp

Pythonのバージョン2.4の日本語マニュアルにはお世話になりましたし。
やはり、多くの人がコミュニティ活動に積極的に参加することが業界の活性化に繋がるのかなと思いました。