Toshiyuki Kawanishi Blog


2008
2 . 9

レトロスペクティブ

最近、会社でもレトロスペクティブが見直されています。日本語では「ふりかえり」と訳されていますよね!
日本ではKPT(Keep Problem Try)という手法が有名だそうです。

[IT-PRO: “ふりかえり”でチーム全員の成長を図る]
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060904/247125/

[プロジェクトファシリテーション 実践編 ふりかえりガイド]
http://www.objectclub.jp/download/files/pf/RetrospectiveMeetingGuide.pdf


KPT以外にも、「アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き」という本には様々なふりかえりの方法が紹介されています。各手法について、ひとつひとつ目的、手順などが説明してあり、ふりかえりの実践にとても役に立つ本でした。


早速、モデレータを自分でやったり、先輩にやってもらったりして、ふりかえりを実行してみました。実際にやってみると、ふりかえりをやること自体が楽しく、また、さまざまな気づきを得ることができました。ふりかえりの最後に、ふりかえり自体のふりかえりをするのですが、参加者の反応も良かったように思います。あとは、一定期間ごとに継続してやることが大事だと思いました。

それから、時間を計るためのストップウォッチと、結果を記録するためのデジカメが結構役に立つかなと思いました。