Toshiyuki Kawanishi Blog


2008
4 . 16

SaaSに追い風、桁違いに速い次世代Webブラウザたち

@ITに次世代WebブラウザではJavaScriptの処理が高速になるという記事がありました。

一般にJavaScriptを用いたWebアプリケーションの処理は遅いと言われていますが、この記事によると、この原因はJavaScriptの動作原理にあるのではなく、単純にWebブラウザのJavaScript処理エンジンが遅いことにあるそうです。さらに、この記事には、原稿のFireFoxのバージョン2と比較して、次期リリース予定のバージョン3では4倍ほどJavaScriptの処理が高速なるというベンチマーク実験の結果が紹介されていました。


TestLink日本語化プロジェクトのドキュメント共有のために、実際にFireFox 3.0 beta 5をダウンロードして、Google Docsを使用してみたところ、確かに速度の違いが体感できるほど早くなっているような気がします。

今後のWebブラウザの動向に注目です!