Toshiyuki Kawanishi Blog


2011
12 . 5

オープンソーステスターを楽しもう #swtestadvent2011

「大丈夫だ、やってみよう」のかけ声のもと始まった、「Software Test & Quality Advent Calendar 2011」も5日目となりました。12月まで後少しというギリギリの中で @takanorig さんが勢い良く始めてくれたので、頑張って書いてみようと思います。

最近、あまり TestLink に貢献できていないのですが、自戒と決意の意味を込めて、オープンソーステスターということについて話してみようと思います。

オープンソースのテスト

好きなオープンソースのソフトウェアってありますか?もしくは、よく使っているソフトウェアは?自分もエディタをはじめ、ブラウザ、オフィススイートなど普段の生活で身直にオープンソースのソフトウェアを使っています。では、そのソフトウェアを作った人が誰だか知っていますか?さらに、それをテストしている人は?

プログラマーとしてソースコードを書く分には、最近さらに、ソーシャルコーディングなど、ソースコードを公開して、自分のソースコードで貢献できる機会が増えています。転職する時に、オープンソースの経験が問われたりすることだってあります。

テストや品質の周辺でも Testing Engineer's Forum (TEF) などのコミュニティ活動が活発に行われていますが、オープンソースのテストという意味ではどうでしょうか。

TestLinkというオープンソースのテストツールでは、最新のTestLink 1.9では役割を交代していますが、TestLink 1.7-1.8の頃は日本のメンバーが中心となってテストを行っていました。開発してコードフリーズした後のテストフェーズで実際に手を動かしてテストをしてレポートを上げるという感じです。TestLink日本のコミュニティがどんなんだったかは、gihyo.jpでテストエンジニアのコミュニティ活動のススメという連載にまとまっています。

テストヒーロー

実は日本でも有名なオープンソースプロダクトのテストで活躍していたりというひとが結構います。もっと、そんな人たちに光が当って欲しいなと思います。あの有名なオープンソースソフトウェアのあんなバグを見つけたとか、バグを分析して長い間未解決だった問題の根本原因にたどり着いたなど、オープンソースのテスティングヒーロが日本からもどんどん出てくるようになって欲しいなと思っています。

『Testing Experience』の最新号のテーマは "The Future of Testing"。この中で「The future of testing through the influence of “open source”」と題してオープンソースのツールがソフトウェアテストにどう影響を与えるかについて論じられています。まあ、この記事は「オープンソースソフトウェアのテスト」ではなくて「オープンソースのテストツールを使ったテスト」に焦点があてられた記事なので今回の話題とは少しずれるのですが、「オープンソース x テスト」というキーワードで、どんどん盛り上がっていきたいなと思います!

testingexperience cover schatten

2011/12/07 imai78 「ソースコードを書くだけが技術者じゃない」的なすげえソフトウェア・テスト・エンジニアがこれから出てきたら、と思うとちょっぴりワクワクする。 testing